ワタナベモータース #10 「個性的なデザイン過ぎた!?スズキ ジェンマ」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々な名車・珍車なバイクをご紹介させていただいております。

さて今回は、他に類を見ない、個性的なデザインのスクーターをご紹介しました。


スズキ ジェンマ
2008年に登場した 排気量250CCのビッグスクーター。

丸と四角を組み合わせたアシンメトリーなヘッドライト。
ロー&ロングな車体は前後が曲線で収まる、他のどのメーカーにも無いデザイン。
初めて観た時、「アキラのバイクみたいだ!」と興奮したのを覚えてます。 

元々スズキというメーカーは カタナやハヤブサなど社内アンケートで意見がまっぷたつに分かれるデザインこそ「イケるデザイン」という捉え方をする社風だとか。

この社内の評価がそのまま世間の評価に繋がらないのが面白いところといいますか、
同じスズキでもビッグスクーターの王道スタイルをいったスカイウェイブ程の支持は得られず、2012年に生産終了となりました。

車重が重い、ビッグスクーターなのに収納スペースが少ない、
でも、車高が低いので足つきが良く、タンデムがしやすく、
中高速での直進安定性も高い良いバイクなんです。
何より他のビッグバイクには無いこのデザイン、本当にカッコいいと思いません?

これに乗りながら走る時、アタマの中を流れるBGMはあの曲ですかね・・・
ラッセーラ、ラッセーラ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top