中古レコード屋Music Jungleより

皆さまご機嫌いかがでしょうか?

中古レコード屋Music Jungle店長のKayです。

今回ご紹介したのはNile Rodgers率いますChicでございます。

いきいきラジオの中でもご紹介しましたが、Nile Rodgers&Chicの名義で26年ぶりの新作「It’s About Time」を10月5日にリリースしました。

70年代Funk Band Chicは当時のDiscoの盛り上がりにも乗っかって相当ヒットしました。



Dance Dance Dance」「Good Times」いきいきラジオの中でもお届けした「Le Freak」などなど次々と名曲を生み出してきました。

Good Times」は79年一般的に世の中で一番最初に音源化されたラップといわれているシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」のサンプリングの元ネタにもなっています。

80年代に入ってNile Rodgers氏はChicの活動だけでなく他のアーティストのプロデューサーとしても活動を始めますが、実は彼の名前を世に知らしめたのはこちらの活動のほうがメインかもしれませんね。

今では超大御所、ビッグネームといわれているアーティストや、才能ある若手のプロデュースを引き受けスマッシュヒットに導いたり。

素晴らしい活躍です。しかもYouTubeなどの映像で見るとかなりオシャレさんではありますが、やはり立派なおじいちゃん!(失礼!)

そんな彼が今もなお現役だというのがまたこれ素晴らしい!

比較的最近だとダフトパンクの曲にも参加していました。ファレル・ウイリアムスをヴォーカルに迎えた「Get Lucky」しっかり、MVにもみんなとおそろいの衣装を着てギターで参加しています。

ダフトパンクがグラミ賞を受賞した時のパフォーマンスも圧巻でした。

「Get Lucky」を演奏しているんですが、途中でChicの「Le Freak」が入ってきたり、スティービー・ワンダーの「アナザー・スター」が入ってきたり。

このパフォーマンスを観たときちょっとうるっと来てしまいました。それぐらいカッコイイパフォーマンスでした。

年齢も、実績もチョー大御所の彼が今もなお現役のプレヤーであることがやはり素晴らしいのです。


10月5日にリリースされた新作「It’s About Time」を聴いてホントにそう感じました。皆様もぜひ手に取ってみてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top