ワタナベモータース  「雨が多い季節は、屋根付きバイクなんてどうだろう」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。

雨が多いこの季節、バイクで外出するのも億劫なシーズンでもあります。
クルマと違って屋根がない、乗る人むき出し。
・・・まぁそれが風を体感できるバイクの魅力でもあるのですが。

雨雲を見上げながら、昔、屋根付きのスクーターに乗った人がいた事を思い出し、
調べてみると・・ ありました。

ホンダ キャビーナ

1994年、量産車として世界初の屋根付き2輪車として発売されたスクーターです。
クルマでいうところのフロントガラスには電動ウォッシャー付きワイパーを装備。
雨の日の走行でもクリアな視界を得られるようになっていました。

50CCと90CCのモデルがあり、
学生時代のバイト先の社員 ヤマダさん(仮名)がキャビーナの90CCモデルに乗っていました。

キャビーナを生ではじめて見たとき、スクーターに屋根がついていることに驚きましたが、
もっと驚いたのはシート下の収納スペース。

通常の50CCスクーターの2倍となる36リットルの大容量で、
ヤマダさんは折り畳みの釣竿や網、釣り道具を シート下に いつも入れていて
出勤前や仕事終わりに そのままキャビーナで釣りに行ってました。
「雨に濡れないから良いですね」と言ったら
「屋根はあるけど横は何も無いから、対向車が刎ねあげる水しぶきはバッチリかかるよ」と返されました。

バイクのウィークポイントを突いたヒット商品になるかと思えば、
・屋根が付いているので車重がかさみ、フットワークが軽くなかったこと、
・当時からピザや弁当の宅配で屋根付き3輪車が普及していたこともあって、
登場から6年後 2000年に生産終了となりました。

雨がよく降る季節になると思い出す、釣り好きヤマダさんと愛車キャビーナ。元気かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top