ワタナベモータース  「 ちょっとそこまで〜suzuki choinori(チョイノリ)〜 」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々な名車・珍車なバイクをご紹介させていただいております。

今夜は 『 Suzuki チョイノリ 』をご紹介しました。

2003年に発売されたチョイノリは、その名の通り
「チョイノリ=通勤・通学・買い物など近距離の移動」に絞って開発されたスクーターでした。
なんでも、開発する際に原付ユーザーへとったアンケートの結果、
一回の移動距離が2kmに満たない事がわかり、それに合わせて設計されと言います。

驚くべきはその価格 税別59800円!! 
コレ新車の国産50ccスクーターのお値段ですよ。

どうして低価格が実現できたのか、その理由は・・
とにかく設計する際に徹底的にコストダウンを測ったのです。
部品点数をおよそ3割削減、ボルト・ナット類の締め付け箇所をおよそ5割削減。
その徹底っぷりは凄まじく、サイドスタンド、左ミラー、メットイン、セルスターター、
リアサスペンションすらありません。
さらにフロントパネル・リアフェンダーは塗装を省いた最初から色のついた樹脂で作られ
ていました。
エンジンも芝刈り機などに使われる汎用機(はんようき)を原付用に手直ししたものでした。

スズキのものづくりって、昔から独自路線が強く、
一般的受けと敢えて逆張りに行っちゃうんですよね〜(個人的には大好きです)

こうして、徹底したコストダウンを行い、
純国産原付ながら税抜き59800円という驚きの低価格で誕生したチョイノリは
発売してあっという間に5万台以上のセールスを記録しました。

しかし、
・たった2馬力の非力なエンジンゆえに加速・最高速が低い。
・リアサスペンションがないので乗り心地が悪い。
・ 収納スペースがない。
・ オドメーターや燃料計がついていないので給油タイミングが分かりにくい。
などのコストダウンの弊害とも言える理由から次第に人気が落ち、
さらに発売から4年後の2007年、新たな排ガス規制に伴うコストの問題から
生産終了となってしまいました(それでも最終的には10万台以上のセールスだったんですよ)

ただし、海外で生産する事でコストを下げるのではなく、
純国産でどこまで安く作れるかというテーマに挑戦したチョイノリ。
バイクの歴史に残る 名車・珍車と言える一台ではないでしょうか。

最近、中古で欲しいんですよね・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top