妖怪講座【ぬらりひょん】の巻 (1月23日分)

順調に妖怪講座も2月を迎えました。かきピー屋さんより妖怪講座の方が大変ですがこれからもよろしくお願いします。
あ、かきピー屋のキャラクター【キピーちゃん】もよろしくお願いします♪

さて今回の妖怪講座は【ぬらりひょん】でございました。

昔はつかみどころのない妖怪。
それが昭和後期になると日本妖怪の総大将になるわけですから。
羨ましい……

『まだ宵の口の燈影にぬらりひよんと訪問する怪物の親玉』
鳥山石燕のぬらりひょんの図に藤沢衛彦がつけた上記のキャプション。
それが拡大解釈されて【親玉】イメージがつきゲゲゲの鬼太郎第3期で水木先生が妖怪の親玉にしたことでさらにその認識が広がったようです。
昔のぬらりひょんさんに今のこの状況を聞いてみたいものです。

妖怪の歴史って調べるといろんな事実が隠れていて楽しいですよ。皆様もぜひ調べてみてください☆

さて次回は一反木綿についてのお話です。
一反木綿にもなかなか隠れた事実があるようで……
お楽しみに♪

たなPでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top