ワタナベモータース 「 ビッグスクーターブームで再注目 HONDA フュージョン  」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々な名車・珍車なバイクをご紹介させていただいております。

今回は ビッグスクーターブームによってその価値が見直された一台をご紹介します。


HONDA フュージョン

誕生は1986年。 全長1.6mを超えるローロングなホイールベース。
大型の段付きシート。車のトランクのように開閉できるラゲッジスペース。
当時珍しいデジタルメーター、後輪ブレーキは足踏み式。
水冷単気筒250CCエンジンは燃費も良く、長距離ツーリングも快適に楽しめました。

1番の特徴はカクカクとした独創的なデザイン。 
「フュージョン=融合」 というネーミングでありながら
当時のユーザーにはそれほど受け入れラズ、1997年に生産終了。

そのまま“不人気な珍車”として消えていくのかと思われたタイミングで
2000年代に入って巻き起こったのが「ビッグスクーターブーム」。

ヤマハのマジェスティなどが注目される中、
当時、中古市場にて安値で売られていたフュージョンが
「あれ、よく見るとダサカッコよくね?」と再注目を集めカスタムベースとしても人気に。

一番驚いたのはメーカーであるホンダかもしれません。
2003年から再びカタログモデルに復活。
時代に合わせてモデルチェンジを行うことが常のバイク業界にあって、
1986年のデビューからスタイルを大きく変える事なく
2007年まで販売される息の長いモデルとなりました。

発売当初は不人気ながら「時代が追いついた」事でその良さが見直され再販まで至った
珍しいビッグスクーター 今夜は ホンダ フュージョンをご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top