ワタナベモータース「 太いOFFタイヤを履いたアクティブスクーター ヤマハ BW‘S 」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々な名車・珍車なバイクをご紹介させていただいております。

さて皆さん、“スクーター”と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?
町の舗装された道を お買い物、通勤・通学の際に乗る乗り物・・・

今回は 街乗りのイメージに、“オフロード感”をプラスしたスクーターをご紹介します

YAMAHA BW‘S(ビーウィズ)

1988年、横目2灯のヘッドライト、ワイドな扁平ブロックパターンタイヤ、ロングストロークの前後サスペンションを装備して「オフテイストと遊び心溢れるスタイル」で誕生したBW‘S。

ゴツ太タイヤと長めのサスのおかげで、多少のダートでも楽しく走ることができました。

これまでに無いコンセプトとデザインに 欧米や北米など海外でも人気となり、
排気量も初めは50CCだけだったものが、のちに100CC、125CCモデルも登場。

現在、国内モデルは生産終了していますが、台湾にある子会社「台湾ヤマハ」が
2021年モデルをリリース。

コレが見た目もゴツくてオフロード感溢れるカッコイイデザインになっています。
並行輸入して販売されないかなコレ。

ちなみにネーミングのBW‘Sの読みは「ビーウィズ」。
BE WITH =「あなたと一緒に楽しむ」的な由来かなと思いきや、
 「ファットなタイヤ=BIG WHEEL」を前後に2本履いている(複数形でS)からだそう。

今夜は オフロード感溢れるスクーター YAMAHA BW‘Sをご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top