原付の異端児 HONDA NS−1

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々なバイクをご紹介させていただいております。

今回ご紹介したのは、ホンダが生み出した 原動機付きバイクの異端児
「HONDA NS−1」

1991年に登場したこのバイクは、フルカウルを装着したレーサーレプリカモデルでありながら、通常であれば燃料タンクに相当する部分を開けるとフルフェイスヘルメットが収納できるほどの大容量トランクスペースを持っています。
では燃料タンクはどこに?というと、シートの下。

レーサーレプリカモデルは とにかく積載性がないことがウィークポイントだったので
このアイデアは 目からウロコものでした。

また、50CC原付には見えない、まるで250CCのような大きなボディサイズも相まって若者の間で大ブレイク。

コレ、渡部が大学生時代に同級生が載っていて、
雨に濡れて困るようなものをメットインできることが本当に羨ましかったですね〜。

同じホンダのNSR50のカスタムパーツが流用できたことからレースで使用するライダーも多くいました。

99年に生産終了。

NS−1は6速のマニュアル車だったので、当時このバイクでシフトチェンジを覚えて
中型・大型も乗るようになったライダーも多かった筈。

あの頃を思い出して購入されるベテランライダーが多いのか、
現在の中古市場でもプレミア価格で売られています。

今月は 原付バイクの異端児 ホンダ NS−1を紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top