ワタナベモータース 「 125ccながら所有感を満たすデザイン ヒョースン GV125S ボバー  」

どうも!
ふたば商店街のバイク屋「ワタナベモータース」です。
このコーナーでは毎回 様々な名車・珍車なバイクをご紹介させていただいております。

先月に続いて、実物に触れる機会があった一台をご紹介します。

ヒョースン GV125S ボバー

ヒョースンは スクーターから本格的なロードスポーツモデルまで手がける
韓国のバイクメーカー。
そのヒョースンから2017年に発表されたアメリカン・クルーザーモデルが
GV125Sボバー。
これまでヨーロッパ市場で売られていたのが今年になって日本に入ってきました。

私が初めて実物を前にした感想は、
「え、これホントに125CC !? 存在感ハンパないんですけどー」

ロー&ロングボディにフラットハンドルのボバースタイル、
新開発 水冷のV型 エンジンに 幅120ミリの太めのタイヤ。
つや消しマットブラックに塗られたタンクなどのパーツと相まって 無骨・クールな印象。

日本で言えば、ホンダのレブル 、ヤマハのボルトに近いイメージでしょうか。
でもレブル は250と1100CC、ボルトも900CCと大排気量。

それが、原付2種の免許で乗れちゃう125CCクラスながら
遜色無い雰囲気を漂わせているのが非常に面白い。

お店には旧モデルGV125がありました。
旧モデルと比べるとググッと現代的でカッコよくなりましたね。

私は試乗できていませんが、ウチの親父さん曰く「変なクセもなく、扱いやすい」との事。

125CCなので バイパスや高速道路が走れない、
税込53万9000円と、この排気量クラスでは高めの価格設定などのウィークポイントもありますが、ファミリー保険も使えて維持費も抑えられますし、何よりこのデザイン。

韓国バイクメーカー「ヒョースン」人気の火付け役になるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top